WALK-OVER(ウォークオーバー)

WALK-OVERは日本では70年代に初めて輸入され、後にコールハーンとともに一世を風靡しました。当時はアメリカンシューズとしてレッドウイングやトップサイダーなどとともにシンボル的なブランドとして確立していました。
他にもL.L.beanやARMANIなどのOEMも手掛けていましたが、後にファッションの変化とアメリカンスタイルの衰退によりブランド、工場、ともに閉鎖となってしまいました・・・。

しかし、イタリアのASAP社が商標を取得したことに端を発する今回の復活劇。
当時と同じくアメリカ生産であるばかりか、現在『J.プレス(J.Press)』なども手がける新世代アメトラの旗手、マーク・マクナイリー(Mark McNairy)をデザイナーとして迎えるという、完璧としか言いようの無い体制での復活です。
10